004 株式会社タレント アンド アセスメント 株式会社T&Aパートナーズ 代表取締役 山﨑 俊明(やまさき としあき)

株式会社タレントアンドアセスメント 株式会社T&Aパートナーズ 代表取締役 山﨑 俊明(やまざき としあき)

 

名倉 山崎さん、こんにちは!一段と広くてご立派なオフィスにご移転されたとお聞きしてお邪魔しました。

 

山﨑 名倉さん、こんにちは!移転は昨年のお話ですから、しばらくお会いしていなかんったんですね(笑)。

 

名倉 そうですね、山崎さんが作られた「寝冷えネコに小雪さんが卵の“ふとん”を掛けるCM」はTVで頻繁に見ましたが、ご本人にお会いするのは、しばらくぶりですね。ところで、あの「きよらグルメ仕立て」のCMって凄い反響じゃないですか?

 

山﨑 そうなんです。昨年の民間調査会社のCM総合研究所が選ぶ銘柄別CM好感度で、食品業類1位に選ばれましたし、寝冷えネコが皿に横たわり、小雪さんに卵の“ふとん”を掛けてもらうシーンがかわいらしいと評判になり、情報番組や女性週刊誌でも多く取り上げられました。

 

名倉 素晴らしい!ところで、山崎さんはCMプロデューサーのお仕事をされているわけではないですよね?

 

山﨑 僕は株式会社タレント アンド アセスメントと、株式会社T&Aパートナーズという2つの会社で、”人材採用”に関する戦略コンサルタントを行っています。同時に株式会社アキタの経営戦略室長として”人材採用”と”マーケティング”という2つの経営に関わる戦略コンサルタントを行っています。僕は1997年地方銀行に入行し、その後外資系生命保険会社に転職しました。コンサルティング営業に携わり独自の”戦略的マーケティング”のメソッドを構築し、MDRT(世界100万ドル円卓会議)会員資格を同生命保険会社最年少で取得しました。その後2004年より副支社長として、営業担当者のスカウトやトレーニングを担当し、自身の”戦略的人材採用”のメソッドを構築し、人材採用に於いて成果を出しました。その成果を認められ、2006年金融法人営業部課長を経て、2011年に副部長に昇進しました。そして、2011年10月に独立をしました。

 

名倉 なるほど、外資系生命保険会社で人材採用とマーケティングを鍛えられたわけですね。だから、今は”人材採用”と”マーケティング”という2つの経営に関わる戦略コンサルタントのお仕事をされているんですね。

 

山﨑 外資系生命保険会社で鍛えられたというのは、少しニュアンスが違います。ご存知の通り、外資系企業は実績主義です。人材採用”にしても、マーケティングにしても結果重視ですが、じつはそれだけでは十分ではなく「なぜ結果が出せたのか?」そのプロセス、言い方を変えるとメソッド化できているか?ということが問われます。つまり、偶然や主観で結果が出せたわけではなく、再現可能な戦略を求められるわけです。

 

名倉 つまり、外資系生命保険会社に在籍しておられた当時から、サービスのパッケージ化を進めておられたということですね?

 

山﨑 結果的には、そういうことになります。人材採用に関していえば「いい人を採用したのにすぐに辞められてしまう」と嘆く人事担当者がいました。深く話を聞くと、“いい人”というのはその担当者の経験則から導いた判断でしかなく、採用したい職務に対して適任かどうかは別の問題だと感じました。その問題を解消するために採用面接では、志望動機や自己PR、入社後にしたいことといった候補者が事前に準備をしているであろう質問や、前向きな意思表示が返ってくるに決まっている質問はせず、何をしてきたかを聞くことが大切なんです。例えるなら結婚は”幸せにする”という言葉だけで決定するのではなく、それまでの付き合いの実績で決めます。同様に、採用も本人の過去から見えてくる資質と職務に必要な能力要件を照らし合わせて決めるべきだと考えました。さらに採用面接に費やす時間は、男女の付き合いに比べて圧倒的に短く、短時間で候補者の資質を間違いなく把握するためには、科学的、かつ客観的根拠に基づいて作られたメソッドが必要だと考え「TA-Pメソッド」という戦略的採用面接システムを開発し、現在はその「TA-Pメソッド」の企業様への導入のお手伝いをしています。

 

名倉 確かに僕がお仕事でお会いする経営者の方の中にも、新入社員が入社後しばらくして「こんなはずじゃなかった」と落胆されている方もいます。山崎さんの「TA-Pメソッド」という戦略的採用面接システムを導入すれば、こういった問題が軽減されるというわけですね。ところで、マーケティングについてもお聞きしたいんですが・・・

 

山﨑 名倉さんが冒頭にお話しされた「寝冷えネコに小雪さんが卵の“ふとん”を掛けるCM」の「きよらグルメ仕立て」のマーケティングについてお話しします。この「きよらグルメ仕立て」は、株式会社アキタが、独自の「新旨味原料」を飼料に配合して育てた卵黄の濃厚なこくとうま味が特長の鶏卵です。関東エリアから販売を開始し、2015年からは関西や広島県の一部に販売エリアを拡大しました。その段階で「きよらグルメ仕立て」を全国ブランドにしたいという秋田社長の強い想いから、鶏卵業界では異例のマーケティング戦略をスタートさせました。まず、2015年6月に卵料理の移動販売車「Kiyora EGG Bar Stand」の販売イベントを展開しました。その「一日店長」としてNMB48のメンバーや、吉本興業のお笑い芸人を招き、連日長蛇の列をつくっていただきました。一方で、大阪学院大学で「きよらグルメ仕立て」のブランディングについて講演を行い、移動販売車のプロモーション戦略のアイデアについて議論し、プレゼンテーションをする課題提案型授業を行うなど産学連携活動も実施しました。そして2015年10月に女優の小雪さんが出演する、きよらグルメ仕立てのCMの放送を開始し、民間調査会社のCM総合研究所が選ぶ「10月度および11月度の銘柄別CM好感度」で、食品業類1位に選ばれました。さらに、寝冷えネコが小雪さんに卵の“ふとん”を掛けてもらうシーンがかわいいと評判になり、情報番組や女性週刊誌でも多く取り上げられました。

 

名倉 つまり「Kiyora EGG Bar Stand」という体験と、「大阪学院大学での産学連携活動」というアカデミックな展開と、「小雪さんが出演するCM」の全てが上手く機能したということですね。

 

山﨑 それだけではなく、主婦層に焦点を絞った「クックパッド」、食通やレストラン業界に注目を集めた世界No.1レストラン「ノーマ」との取り組みなど、ターゲットを明確にしたデジタルマーケティングから、CM展開するなど一般消費者に周知を図るためのマスマーケティングに至るまで、幅広く実施したことが成功の要因です。つまり、幅の広いターゲットに向けて、各ターゲットに訴求する戦略をタイミングよく続けてきた結果だと考えています。

 

名倉 それは素晴らしい。ところで、先程「外資系企業は実績主義です」とお話されていましたが、「きよらグルメ仕立て」のマーケティングについての実績を、お話できる範囲で結構ですので教えていただけますか?

 

山﨑 ここだけのお話ですが(笑)、発売開始の一昨年と昨年で売上は倍増しました。そして今年の見通しも明るいです。

 

名倉 卵というコモディティ化されやすい畜産物において、キッチリとブランディングに成功し、実績も出されているということは、まさに外資系生命保険会社で鍛えたビジネススキルで経営者を応援されていると言えますね。

 

山﨑 そうですね、でも「きよらグルメ仕立て」の商品のブランディングは実績が出せたかも知れませんが、他の基幹商品や株式会社アキタのコーポレートブランディングは、まだまだこれからだと考えています。特にスマートフォンやタブレットをメインデバイスと考えたウェブマーケティングの強化は急務だと考えています。そのあたりは東京デザインルームさんのお知恵も拝借できたらと考えています(笑)!

 

名倉 ありがとうございます。それでは、最後に、山崎さんの今後の事業展開についてお聞きして締めたいと思います。

 

山﨑 お話しさせていただいた通り、株式会社アキタの経営戦略室長としての業務については、ウェブマーケティングの強化を進めて行きたいと考えています。また、株式会社タレント アンド アセスメントと株式会社T&Aパートナーズの代表取締役としては、「企業は人で成り立っている」という想いを胸に、企業と人材のミスマッチという不幸を無くすため、多くの企業様とコンサルティング契約を結び「TA-Pメソッド」に基づいた採用を支援し、同時に「TA-Pメソッド」の英語化を進め、日本企業のグローバル進出に際し、現地での採用の一助になりたいと考えています。

 

名倉 グループ売上800億円超、従業員数約1,000名の大企業の経営戦略室長として、そして、国内海外の企業と人材のミスマッチをなくす人材採用コンサルタントとして、ご多忙な日々は続くと思いますが、お体を大切にされて益々のご活躍をご期待しております。本日は貴重なお時間をいただき、ありがとうございました。

 

山﨑 こちらこそ、ありがとうございました。

 

企業情報————————————————————–
株式会社 タレント アンド アセスメント
株式会社 T&Aパートナーズ
〒105-0003 東京都港区西新橋3-13-7 MG愛宕ビルディング
電話番号    03-6435-8621
ホームページ  http://ta-p.co.jp